10日は関東甲信、静岡県を中心に晴れて気温が上がった。静岡市は午後1時36分に最高気温が36・3度の猛暑日(35度以上)となり、今年の全国最高気温を更新した。土石流が発生し、救助作業が続く静岡県熱海市でも網代の観測点で今年最高の32・8度を観測した。

 また、気象庁は土石流発生後に臨時設置した熱海市伊豆山の観測点で9日夜から不具合が出ていると明らかにした。同庁のホームページで気温や風向・風速のデータが閲覧できなくなった。

 気象庁によると、最高気温は他に群馬県桐生市で34・9度、愛知県豊田市、千葉県市原市、さいたま市で34・5度を観測した。