【ワシントン共同】バイデン米大統領は9日、大企業による市場支配を防ぎ、企業間の競争を促す大統領令に署名した。IT大手を中心に、合併・買収(M&A)を厳しく審査するほか、個人情報の収集に関する規則も設ける。通信や航空など幅広い分野で取り組みを進め、中小企業や労働者を守る狙いだ。

 米政権は大企業による市場支配が経済格差を生み出していると問題視している。バイデン氏は演説で、米国の資本主義は「開かれた公正な競争だ」と指摘し、巨大企業による「独占に寛容になってはならない」と強調した。