【ウィンブルドン共同】テニスのウィンブルドン選手権第11日は9日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス準決勝で3連覇を狙う第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と第7シードのマテオ・ベレッティーニ(イタリア)が勝ち、11日の決勝で対戦することになった。ジョコビッチは四大大会の同種目で歴代最多に並ぶ20度目の優勝が懸かる。

 ジョコビッチは第10シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)を7―6、7―5、7―5で下した。ベレッティーニは第14シードのフベルト・フルカチュ(ポーランド)を退け、四大大会で初の決勝進出を果たした。