【ロンドン共同】「英国民のプリンセス」として親しまれた故ダイアナ元皇太子妃の生誕60周年に合わせ、ロンドン中心部のケンジントン宮殿で1日、元妃の銅像の除幕式が行われた。息子のウィリアム、ヘンリー両王子が、元妃の「人生と遺産」をたたえるために銅像建立を計画していた。

 除幕式には、両王子や元妃の一部家族、銅像を制作した関係者らが参加。近年、不仲が報じられる両王子は、銅像の前に並んで笑顔を見せた。式典後に「(元妃が)私たちと一緒にいてくれたらと毎日思いをはせている。銅像が元妃の象徴となることを願う」との声明を発表した。