世界陸連は1日までに東京五輪出場資格配分の基準となる世界ランキングを更新し、田中希実(豊田自動織機TC)が日本で初めて女子1500メートルで五輪に出ることが確実となった。5000メートルに続く代表入り。

 男子100メートルは小池祐貴(住友電工)の代表入りが決定的。関係者によると、小池は200メートルを辞退して出場種目を絞る意向という。

 女子1万メートル代表の新谷仁美(積水化学)は出場権を得た5000メートルを辞退する意向で、萩谷楓(エディオン)が代替候補。同100メートル障害の寺田明日香(ジャパンクリエイト)も世界ランクで代表入りが確実となった。