巨人は0―4の三回に松原の2ラン、四回に北村の適時二塁打、代打広岡の2点二塁打、ウィーラーの2ランなどで6点を奪い逆転した。戸根が2勝目、直江がプロ初セーブを挙げた。広島は高橋昂が崩れ、自力優勝の可能性が消えた。