ヤクルトが1分けを挟んだ連敗を4でストップ。1―1の九回に2死満塁と攻め、代打宮本と中村の2点打などで5点を勝ち越した。奥川が7回1失点の好投で接戦に持ち込み、清水がプロ初勝利。阪神はスアレスが崩れて今季初黒星。