加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、英国が高齢者らへの新型コロナウイルスワクチンの3回接種を検討していることに関し「必要性について、ワクチンの効果がどの程度の期間持続するか、検討する必要がある」と述べた。海外や企業の動向について、情報収集する考えも示した。

 一方で「一日も早く、全ての希望する国民が2回受けられるよう取り組む」とも強調した。