【プーケット共同】タイ南部のリゾート地プーケット島で1日、新型コロナウイルスワクチンの接種を済ませた外国人入国者を検疫隔離なしで受け入れる実証実験が始まり、各国からの旅行者が続々と到着した。当初対象外とされていた日本は、ビジネス目的に限って対象となった。タイ政府は実験を皮切りに壊滅的な打撃を受けた観光産業の立て直しを急ぐ。

 受け入れを再開したのは計67カ国・地域。日本のみビジネス目的に限って許可されたが、手続きの詳細などは明らかになっていない。入国者は検疫隔離が免除されるが、他の地域も観光したい場合は到着後14日間以上のプーケット滞在が義務付けられる。