過労による静養を経て退院した東京都の小池百合子知事が1日、都の新型コロナウイルス感染状況を分析するモニタリング会議に自宅からオンラインで出席し、9日ぶりに公務復帰した。マスクと防災服姿で画面越しに「多くの方に心配を掛けたが、徐々に体調を取り戻している。当面はテレワークで公務をしていく」と述べた。

 小池氏は「コロナ対策のまっただ中で離れることになった。迷惑を掛けて申し訳ない」と謝罪。声がかすれたり、苦しそうに話をしたりする場面もあった。

 先月22日に体調不良を訴えて都内の病院に入院していた。職務代行の多羅尾光睦副知事は「かなり回復している」と説明した。