日本野球機構(NPB)と12球団は1日、プロ野球マイナビオールスターゲーム2021の出場選手を、新型コロナウイルス感染拡大の状況やワクチン接種の副反応を考慮し、1チーム30人から32人に拡大すると発表した。各球団は職域接種を利用して選手や関係者のワクチン接種を進めている。

 また、選手間投票の結果が発表され、既にファン投票で出場が決まっている23選手に加え、パ・リーグ投手部門の山本(オリックス)ら8選手が新たに選出された。

 5日に監督選抜が発表されメンバーが出そろう。16日にメットライフドームで第1戦、17日に楽天生命パーク宮城で第2戦が開催される。