Jリーグは1日、J1浦和が湘南との第18節(6月20日)でエントリー資格がないGK鈴木彩艶を出場させた問題で、浦和にけん責処分を科し、試合結果を0―3での敗戦扱いとすると発表した。浦和は2―3で敗れていたが、順位表に2得点は反映されない。浦和のFWユンカーの2ゴールなど個人記録は残る。

 鈴木は6月上旬にU―24(24歳以下)日本代表活動に参加し、エントリーするためのJリーグによる新型コロナの公式検査を受けていなかった。日本サッカー協会実施の検査結果で別途申請する必要があったが、クラブが怠った。

 故意の違反ではないことなどを酌み、鈴木への処分はなかった。