東京五輪のサッカーで各代表チームの選手登録数を18人から22人に拡大する見通しになったと1日、AP通信が報じた。新型コロナウイルスの影響で、チームの負担を考慮したとみられる。

 従来の登録18人の規定では、負傷や病気などの場合のみバックアップメンバー4人から入れ替え可能だった。新たな規定は登録を22人とし、試合ごとに18人のメンバーを選ぶ。これまでは一度外れた選手の再登録はできなかったが、今大会は22人の中から自由に入れ替えられる可能性がある。

 規定の修正によりバックアップメンバーも正式な代表選手となる。(共同)