検査不正が発覚した三菱電機の長崎製作所(長崎県時津町)が、鉄道車両向けの空調機器を適正に検査したように偽装するため、架空の検査データを自動で作成するプログラムを使用していたことが1日分かった。長期間にわたり使われていた疑いがあるという。検査不正が組織ぐるみで常態的に行われていたことを示唆するもので、同社はプログラムを誰が設定したのかや社内での使用状況などを調べている。

 プログラムは過去の検査データを基に、顧客の鉄道会社が指定する検査温度などに照らして、もっともらしいデータを示す機能があった。