停滞する梅雨前線の影響で1日は西日本や東日本の太平洋側、奄美を中心に大雨となった。雷を伴う非常に激しい雨は2日にかけて続く恐れがあり、気象庁が災害警戒を呼び掛けている。1日は伊豆諸島北部に線状降水帯が形成され、同庁は同日午前8時59分、顕著な大雨に関する気象情報を出して速報した。

 気象庁によると、降水帯は最大で長さ約140キロ、幅33キロに及び、東京都新島村、利島村、神津島村にかかった。降水域内の3時間雨量(解析値)の最大値は新島近くの海上で166ミリだった。