【ニューヨーク共同】米大リーグは6月30日、エンゼルスの大谷がニューヨークでのヤンキース戦に「1番・投手」で投打同時出場し、今季最短の2/3回を2安打でメジャー最多の7失点、1三振5四死球で勝敗は付かなかった。3勝1敗のまま。守備には就かず、1打数無安打で4試合連続本塁打も逃した。チームは九回に4点差を逆転し、11―8で勝った。

 エンゼルスによるとヤンキースタジアムで1~5番を打って先発のマウンドに立つのは、1933年のベーブ・ルース以来。

 レッズの秋山はパドレス戦に「8番・中堅」で先発出場し、2打数無安打。チームは六回途中5―7、降雨コールドで敗れた。