立憲民主党の枝野幸男代表は9日の党首討論後、菅義偉首相について「真剣さに欠け、危機感が感じられない」と批判した。近く野党党首会談を開き、内閣不信任決議案提出の是非などを協議する考えを国会内で記者団に表明した。

 新型コロナウイルス感染拡大に歯止めがかからない現状を「戦後最大の危機だ」とした上で「国民の命と暮らしを守る政府をつくるためには政権を代えるしかない」と強調した。

 国民民主党の玉木雄一郎代表は「首相の答弁は熱がなく残念だった。これまで不信任案はちゅうちょなく出したらいいと言ってきたが、確信に変わった」と記者団に語った。