体操男子で東京五輪代表に決まった内村航平(ジョイカル)が9日、寝具メーカー「エアウィーヴ」とスポンサー契約を結んだ。6日終了の全日本種目別選手権で4大会連続の五輪切符を手にした日本の第一人者は、東京都内で行われた記者会見で「4大会目が一番頑張って代表権を獲得したと思う」と語った。

 日本体操界初のプロ選手の内村は計6種目で争われる個人総合で五輪2連覇を成し遂げたが、東京五輪には種目別鉄棒に専念して個人枠で出場する。普段から同社の寝具を使っているそうで「毎日の睡眠を大事に、一日一日の練習を大事に、東京五輪まで残りわずかなので日々頑張っていきたい」と話した。