沖縄県うるま市の津堅島への米海兵隊UH1Yヘリコプター不時着を巡り、県は9日、海兵隊から「エンジンのセンサーに問題があり、修理した」と説明を受けたと明らかにした。県によると、同型機の飛行停止を求めたが、機種に共通の問題ではないと拒否された。県幹部が抗議のためキャンプ・フォスター(沖縄市など)を訪れた。

 県は来庁を求めたが、海兵隊側は応じなかったという。金城賢知事公室長は抗議後、報道陣に「(米軍側が)整備点検をしっかりしていると言っても、オスプレイの墜落や窓枠の落下事故もあった」と述べ、引き続き再発防止を求める考えを強調した。