政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は9日の衆院厚生労働委員会で、東京五輪・パラリンピックのパブリックビューイングなど応援イベントについて「感染がかなりのレベルで進む中、他の方法でも応援はできる」とし、控えるのが望ましいとの考えを示した。立憲民主党の早稲田夕季氏への答弁。

 尾身氏は「イベントがあれば、応援もしたいし声も出したいとなる」と指摘。「テレビ観戦など新たな応援の仕方をやる良い機会だ」と述べた。