漫画家諫山創さんによる人気作「進撃の巨人」(講談社)の最終巻となる単行本34巻が9日、発売日を迎えた。漫画誌での連載は4月に終了。34巻には、連載時になかった部分を諫山さんが新たに加筆しており、話題を集めている。

 東京都渋谷区の「SHIBUYA TSUTAYA」は特設売り場を設け、主人公らが所属する「調査兵団」のコスプレ姿のスタッフが対応。ファンが、平積みとなった棚から34巻を次々と手に取った。

 人を捕食する巨人が支配する世界を描く同作は、2009年から漫画誌「別冊少年マガジン」で連載。今年4月、最終話を掲載した同誌5月号が発売されると完売が相次いだ。