【ウィーン共同】旧ユーゴスラビアのボスニア・ヘルツェゴビナ内戦時のジェノサイド(民族大量虐殺)の罪などに問われたセルビア人勢力軍事部門の司令官ラトコ・ムラディッチ被告(79)の控訴審で、オランダ・ハーグの「国際刑事法廷メカニズム」は8日、終身刑とした一審判決を支持する判断を示した。

 ムラディッチ被告は、1992~95年の内戦を巡る「大物戦犯」。2020年8月の控訴審の審理で「国を守っただけだ」とし、弁護側も無罪を主張していた。

 一審の旧ユーゴ国際戦犯法廷は17年、終身刑を言い渡し、ムラディッチ被告は18年3月に控訴した。