【パリ共同】フランスのマクロン大統領が8日、訪問先の同国南部タンレルミタージュで市民と言葉を交わそうとした際、男に顔を平手打ちされた。当局はこの男と同伴者の男の計2人を拘束。いずれも地元在住の28歳とされる。マクロン氏はそのまま訪問を続けた。地元メディアが伝えた。

 ツイッターに投稿された映像では、マクロン氏は警備のために設置された柵のそばに集まった市民と交流しようと歩み寄った。最前列にいた男はマクロン氏が差し出した手を左手で握り、右手で頬を平手打ちした。報道によると、男は「打倒マクロン政権」と叫び、国粋主義のスローガンも唱えたとされる。