両先発投手がともに7回1失点と好投し引き分け。ソフトバンクの武田は、3安打無四球で10三振を奪った。広島は大瀬良が4安打8奪三振だった。ソフトバンクは六回に今宮がソロを放ち、広島は七回に会沢のソロで追い付いた。