日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は8日、危機的な財政状況を受け改革案を発表した京都市の門川大作市長に対して、行財政改革のためにはまず身を切る改革を断行するべきだと苦言を呈した。「最初にやらないといけないのは門川市長が自らの身分についてどこまでメスを入れるかだ」と市役所で記者団に語った。

 松井氏は、維新創設者の橋下徹氏が大阪市長時代に自らの給与を3割削減し、退職金を半減させた点を挙げ「それくらいやらないと市民サービスや職員の給与カットというのも理解されないと思う」と指摘した。