丸川珠代五輪相は8日の参院文教科学委員会で、東京五輪・パラリンピックの大会ボランティア約7万人全員に対し、新型コロナワクチン接種の検討に入っていることを明らかにした。「その方向で進んでいきましょうということで合意している」と述べた。

 追加のワクチンや打ち手となる医療従事者の確保、接種会場などが懸案となる。丸川氏は、一般の接種に影響を及ぼさないことを前提に「安全、安心な大会を実現するため、どのようなことができるか、実務的な課題を関係者間でよく検討していきたい」と語った。

 大会ボランティアは当初約8万人の計画だったが、コロナの影響で約1万人が辞退した。