8日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台半ばで取引された。

 午後5時現在は前日比10銭円安ドル高の1ドル=109円52~53銭。ユーロは17銭円安ユーロ高の1ユーロ=133円30~34銭。

 前週末に発表された米雇用統計が市場予想を下回ったことを踏まえたドル売り円買いの流れが朝方は続いた。その後は国内輸入企業によるドル買い円売りが目立ち、もみ合った。

 市場では「海外の経済指標の発表を控えた様子見ムードが強く、方向感に乏しい展開となった」(外為ブローカー)との声があった。