金融庁は8日、融資仲介業のSBIホールディングス(HD)子会社に対し、1カ月の業務停止命令を出したと発表した。太陽光発電施設などを巡る投資案件の説明に虚偽があったとして、金融商品取引法違反と認定した。命令の対象は金融商品の取引に関わる全ての業務。

 子会社は「SBIソーシャルレンディング」(東京)。

 金融庁などによると、子会社は18年11月から20年10月にかけ、横浜市の企業「テクノシステム」による開発案件への融資を目的として投資家から計207億円を集めた。だが、当初の目的通りに資金が使われているかどうかの確認を怠り、実際は別の使途で資金が支出された。