自転車の都市型種目の世界選手権は7日、フランスのモンペリエでBMXフリースタイル・パークの男子決勝が行われ、東京五輪代表の中村輪夢(ウイングアーク1st)は85・08点の7位で表彰台を逃した。ローガン・マーティン(オーストラリア)が94・70点で3大会ぶりに優勝した。

 2019年のワールドカップ(W杯)種目別覇者の中村は同年に行われた前回大会は5位。今大会は昨年9月に左足かかとを骨折して以来、初の国際大会だった。

 女子はハナ・ロバーツ(米国)が91・90点で2連覇した。五輪代表の大池水杜(ビザビ)は出場していない。(共同)