東京五輪・パラリンピックで開閉会式や陸上などが行われるメインスタジアムの国立競技場(東京都新宿区)の周辺道路で8日、交通規制が開始された。会場周辺のセキュリティーフェンスの設置工事に伴う措置で、段階的に対象エリアが変わる。

 国立競技場に向かう3カ所の道路に高さ約3メートルのゲートが設置され、入り口には警備員が配置された。大会関係車両以外は通行できないなどの規制が敷かれた。

 期間はパラ終了後の9月30日までとなる。