武田良太総務相は8日の衆院総務委員会で、総務省幹部に対する接待問題などについて「行政に対する国民の信頼を失墜させたことは猛省している」と陳謝した。「ガバナンスに問題があった証左だ。国民の信頼回復のため、組織の立て直しに全力を挙げていきたい」とも強調した。

 放送事業会社「東北新社」の外資規制違反を認識しながら認定を取り消さなかった対応について、同省の第三者委員会から「行政をゆがめたとの指摘は免れない」と批判されたことに関し、原邦彰官房長は「重く受け止めなければならない。許認可の持つ重みを十分自覚して業務に当たる」と述べた。

 立憲民主党の松尾明弘氏への答弁。