米バイオ医薬品大手と共同開発したアルツハイマー病新薬が米当局に承認されたエーザイの株価終値が8日、東京株式市場で値幅制限いっぱいのストップ高水準の9251円を付けた。今年の最高値を更新し、昨年11月6日以来約7カ月ぶりの水準に値上がりした。前日終値比で1500円も急騰し、上昇率は19・35%だった。

 朝方から、この価格で買いたいとの注文が殺到した一方、売りは少なく取引が成立しないまま推移。終値は東京証券取引所のルールに基づいて9251円と決まった。

 市場では「夢のような薬で売り上げが膨れ上がりそうだ」との見方の一方で「株価急騰には違和感がある」との声も。