政府は安定的な皇位継承策に関し、現在の皇位継承順位を維持する方向で検討に入った。有識者会議(座長・清家篤元慶応義塾長)の専門家ヒアリングで順位をすぐに変えるべきだとの意見は少なく、秋篠宮さまの長男悠仁さまを含む現順位は当面変えず、将来的な課題として女性・女系天皇などの是非を議論する。政府関係者が7日、明らかにした。有識者会議はこの日でヒアリングを終了。政府は来月以降に結果を国会に報告する。各党の意向も踏まえ、秋までの意見集約を目指す。

 皇室典範は継承資格を父方が天皇の血筋を引く男系の男子に限定。現在は秋篠宮さま、悠仁さま、上皇さまの弟常陸宮さまの順。