【イスラマバード共同】パキスタン南部シンド州で7日、列車同士が衝突し、少なくとも40人が死亡した。地元メディアが当局者の話として伝えた。けが人は100人超に上った。在パキスタン日本大使館によると、邦人が巻き込まれたとの情報は入っていない。

 急行列車が脱線したところに、別の急行列車が追突したとみられる。軍当局によると、列車の一部は横転。閉じ込められている乗客が多数おり、重機などを使って救助を急いでいるが、作業は難航しているもようだ。

 パキスタンでは古い列車が多く使われており、設備の老朽化も深刻になっている。カーン首相は、事故原因の調査を急ぐ考えを示した。