【北京共同】中国税関総署が7日発表した貿易統計によると、5月の輸出額は前年同月比27・9%増となった。新型コロナウイルス流行で落ち込んでいた外需の回復が続き、米欧や東南アジア向けがけん引した。輸入は51・1%増で、中国国内の生産活動の活発化を反映した。

 1~5月の輸出は前年同期比40・2%増だった。