カジノを含むIR事業を巡る汚職事件で、収賄と組織犯罪処罰法違反(証人等買収)の罪に問われた衆院議員秋元司被告(49)が7日夜、東京・小菅の東京拘置所から保釈された。東京地裁が同日、保釈を認める決定をし、検察側が抗告したが東京高裁が棄却した。保釈保証金は8千万円で、現金で納付された。

 拘置所を出た秋元議員は黒っぽいスーツ姿で、胸に議員バッジを着け、しっかりした足取りで車に乗り込んだ。

 収賄罪での起訴後、昨年2月にいったん保釈されたが、贈賄側に偽証を働き掛けた疑いで同8月に再逮捕された。保釈は取り消され、保証金3千万円も没収されて9カ月余り勾留が続いていた。