北海道紋別市沖で、紋別漁協所属の毛ガニ漁船「第8北幸丸」(9・7トン)とロシア船「AMUR」(アムール、662トン)が衝突し、転覆した北幸丸の乗組員3人が死亡した事故で、紋別海上保安部は7日、業務上過失致死と業務上過失往来危険の疑いで、ロシア船の当直責任者だった3等航海士のドブリアンスキー・パーベル容疑者(38)を逮捕した。

 逮捕容疑は5月26日午前6時ごろ、紋別市沖のオホーツク海をロシア船で航行中、衝突回避の義務を怠り、操業中だった北幸丸と衝突。転覆させ、乗組員3人を死亡させた疑い。