【リマ共同】南米ペルーの大統領選決選投票が6日夜(日本時間7日午前)即日開票された。地元世論調査会社のサンプル集計によると、アルベルト・フジモリ元大統領(82)の長女で中道右派ケイコ・フジモリ氏(46)は得票率49・8%、急進左派の小学校教師ペドロ・カスティジョ氏(51)は50・2%で大接戦となった。

 同社の出口調査ではフジモリ氏が0・6ポイント差で優勢。いずれも誤差の範囲で、結果判明に時間がかかる可能性もある。6日深夜に選挙管理当局が発表した中間集計(開票率約42%)では、フジモリ氏は約52・9%、カスティジョ氏は約47・1%だった。