立憲民主党の小沢一郎衆院議員(岩手3区)は6日、東京五輪・パラ開催を巡り、政府の新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長から消極論が出ていると指摘した上で、「政府サイドの人がそう言うということは、みんなこんな状況でやるのは無謀ではないかと思っているということだ。その意味では私も同様に考えている」と述べた。

 同日盛岡市内で開かれた党県連会合後の記者会見で発言した。

 小沢氏は「各界の人が延期ないし中止するべきではないかと言い始めた」とし、尾身氏について「やるなら重大な責任を持ってという言い方だが、中身としてはちょっと無理ではないかという消極論だ」と指摘した。