ヤクルトは5―6の八回に青木と代打川端の2点二塁打で4点を奪い逆転した。八回を三者凡退に抑えた今野が3勝目、九回はマクガフが締めた。西武は六回に岸のソロでリードを奪ったが、八回に登板した宮川が4失点と崩れた。