日本テレビの情報番組がアイヌ民族に不適切な表現を使った問題で、小杉善信社長は6日、札幌市で開かれた北海道アイヌ協会の総会に出席し「われわれの放送がアイヌ民族への正しい理解に水を差し、時計の針を戻してしまった。責任を痛感している」と謝罪した。

 小杉社長は「アイヌ民族の皆さまが差別を受けてきたことへの理解が足りておらず、直接的な差別表現である認識が欠如していた」と説明。既に社内で制作内容のチェック体制を強化したほか、原因の検証結果を放送する考えも明らかにした。

 道アイヌ協会の大川勝理事長は総会後、「お互い友好的に付き合っていけたら」と話した。