【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)は5日、先進7カ国(G7)財務相会合が合意した国際課税強化に関し、自社にとって増税になり得るとの見解を発表した。ニック・クレッグ副社長がツイッターに投稿した。

 クレッグ氏はG7の合意に関し「重要な進展を歓迎する」と表明。FBは国際的な税制改革を求めてきたとした上で「合意は国際的な税制への信頼を高めるための重要な第一歩だ」と評価した。