競泳のジャパン・オープン第3日は5日、千葉県国際総合水泳場で行われ、男子200メートル個人メドレーは東京五輪代表の瀬戸大也が3位、萩野公介が4位に終わった。背泳ぎで五輪に出る砂間敬太が1分57秒81で制した。瀬戸は男子200メートルバタフライで5位。本多灯が1分54秒59で優勝した。

 女子の100メートル自由形は池江璃花子が54秒26で2位。五十嵐千尋が54秒14で1位だった。200メートル個人メドレーは大橋悠依が2分10秒49、800メートル自由形は難波実夢が8分33秒54で制した。男子400メートル自由形は松元克央が3分46秒88で勝った。