【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は4日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮について「北朝鮮を窒息させたり、さらなる制裁を科したりする方法で問題解決を図るべきではない」と述べ、同国の安全を保障する条件づくりが必要だとの認識を示した。サンクトペテルブルクで行った世界の主要通信社トップらとのオンライン会見で韓国メディアの質問に答えた。

 プーチン氏は、ロシアは大量破壊兵器の拡散には断固として反対だと強調。その立場は「北朝鮮側も知っている」と述べた。その上で「皆で北朝鮮問題の最適な解決法を見つけたい」と述べ、多国間の経済協力も手段になり得るとした。