ツアー選手権森ビル杯第3日(5日・茨城県宍戸ヒルズCC=7387ヤード、パー71)第2ラウンド残りから再開され、29歳で未勝利の木下稜介が第3ラウンドで5バーディー、1ボギーの67で通算11アンダーの202として首位を守った。ともに23歳の古川雄大と大岩龍一が4打差の2位。

 アマチュアの杉原大河(東北福祉大)が通算6アンダーの4位につけた。竹谷佳孝は2アンダーの8位、今平周吾は1アンダーの11位。(第3ラウンド出場64選手=アマ2、曇り、気温20・3度、北東の風0・5メートル、観衆857人)