ソフトバンクが1分けを挟んだ連敗を4で止めた。0―2の六回に真砂の適時二塁打と甲斐の6号2ランで3点を奪い、逆転。七回はミスに乗じて2点を加えた。マルティネスが6回2失点で5勝目。阪神は拙守が響いた。