台風3号は5日午後3時、東シナ海で温帯低気圧に変わった。この低気圧の影響で梅雨前線の活動の活発化が続き、沖縄や奄美は6日にかけて非常に激しい雨が降る見込み。気象庁は土砂災害や浸水、河川の増水に警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、低気圧は東シナ海から6日朝には四国の南に進む。大気の状態が安定せず、雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要だ。沖縄、奄美で6日夕方までの24時間予想雨量は多い地域で150ミリ。その後の24時間は50~100ミリ。