【北京共同】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記は4日、平壌で党政治局会議を開き、経済対策などを策定するため党中央委員会総会を今月上旬に招集することを決めた。朝鮮中央通信が5日報じた。金氏の動静が伝えられるのは5月6日の軍人家族との記念撮影以来で、約1カ月ぶり。

 総会では「経済事業と人民生活における切実な懸案」を解決するための追加的対策や、党の機構改編が議題となる。北朝鮮は新型コロナ対策のために昨年1月から国境を封鎖、経済状況の悪化が伝えられる。

 総会開催は今年2月以来。金氏は政治局会議で、コロナ禍を念頭に「不利な環境」で国家事業が制約を受けていると指摘した。