台風3号の影響で梅雨前線の活動が活発化し、沖縄や奄美では6日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降りそうだ。気象庁は5日、土砂災害や浸水、川の増水に警戒するよう呼び掛けた。大気の状態が安定せず、落雷や竜巻などの激しい突風に注意が必要になる。

 気象庁によると、台風は沖縄本島に接近した後、5日夜には東シナ海で温帯低気圧に変わる見通し。沖縄、奄美の6日午前6時までの24時間予想雨量は多い地域で150ミリ。その後の24時間は奄美100~150ミリ、沖縄50~100ミリ。

 台風は5日午前9時現在、沖縄・西表島の北約50キロを時速約35キロで北東に進んだ。