【ヤンゴン共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)議長国ブルネイのエルワン第2外相とリム・ジョクホイASEAN事務局長は4日、ミャンマーの首都ネピドーで国軍トップのミン・アウン・フライン総司令官と会談した。ASEAN臨時首脳会議で合意した特使派遣などの実現に向けて協議したとみられる。

 国軍の発表によると、会談ではASEAN臨時首脳会議の結果について意見交換したほか、民政移管に向けた再選挙の実施などが議題となった。

 エルワン氏らは3日にミャンマー入りしたもよう。国軍が軟禁を続けるスー・チー氏とは面会できなかったとみられる。